大阪府藤井寺市惣社 ほかぞの鍼灸整骨院

Blog記事一覧 > 2015 7月の記事一覧

整骨院での問診はどんなことを話せばよいのか?

2015.07.30 | Category: 交通事故

整骨院では初回に必ず問診があります。 毎回行くたびに問診はあって、その時の身体の状態をきちんと確認してくれるところが良い整骨院だと言えるのですが、この問診で何を答えて良いのか解らないと言う人も多いですよね。 そこで問診について少し考えてみます。 そもそも問診の時に何が重視されているのかと言うと、やはり身体の状態ですね。 どんなところにどんな痛みがあるのか、どんな状況になると痛みが出るのか、痛みの種類はどんなものなのか、といったことはできるだけ具体的に答えられるようにしておくのがポイントです。 例えばですが、事故後首の痛みが酷いといったことで整骨院に行ったとしましょう。 この時に、首の痛みでもどの部分が特に痛みを感じているのか、事故後いつからの痛みになっているのか、普段はどんなことで首の痛み感じるのか、などのようなことをまとめておくと良いですね。 自信のない人はメモにしておくのも良いですし、そのメモをそのまま整骨院の施術をしてくれる人に渡すのもお勧めです。 そもそも整骨院では個人個人の症状にあわせて、施術内容や施術方針を決めていくものなので、問診時にはできるだけ正確に答えるようにしてください。 2回目移行になると、1回目の施術を受けてみてどうだったのかという結果報告が主なケースになってきます。 施術を受けてから痛みが和らいだのか、和らいだのならそれはどのくらい続いたのか、今現在はどうなっているのか、などのことを問診時に伝えるようにすると良いでしょう。

ハリ治療も交通事故の整骨院治療に含まれますか?

2015.07.27 | Category: 交通事故,未分類

整骨院と言っても様々な治療を行っています。
基本的には伝統的な手業によるものがほとんどなのですが、電気治療的なものを取り入れていたり、他にも針灸なども取り入れていたりもします。
これらの治療方法ですが、交通事故のケガの施術にも利用することができるのかと思う人がいるかもしれませんね。

鍼治療などに関しても、施術内容としては認められています。
ただし鍼治療に関しては、体質的な問題もあって合う合わないがあるので、自分には合わないと考えている人は相談しておくと良いでしょう。
整骨院によって、行っている施術の内容もまったく違いますので、そもそも鍼治療を取り入れていないのであれば、利用することはできません。

鍼治療に関しては鍼灸師の資格が必要となってきますので、柔道整復師の資格を取得している人とあわせて在籍している整骨院を選ぶ必要があります。
最近では整骨院でも針灸を提供しているといったところは多く、事前に確認しておく方が無難でしょう。
一般的に整骨院では初回時に問診を行います。
この問診の時に施術内容や施術方針を決めていきますので、ここで針灸を希望する場合は御願いしてみると良いでしょう。

基本的に整骨院で行っている施術方法については行ってもらうことができると考えておいて間違いありません。
ですので、多くの治療方法を取扱している整骨院を最初から選択するのもポイントでしょう。
最近ではインターネットで簡単に整骨院を探すことができるので、自分の望む施術を行っているところを見つけることが重要ですね。

交通事故で整骨院に通う場合、自分のお金を出さなければいけない?保険はいつごろでる?

2015.07.16 | Category: 交通事故

交通事故によるケガを負った時に、その治療費はどうなるのかと気になってしまう人も多いですよね。
一般的に治療費の負担に関しては、最終的には加害者側が支払うことになるのですが、一時的に診察を受けた被害者の人が支払うことが原則だと言えるでしょう。
しかし、整骨院で施術を受ける場合なのですが、多くのケースで保険会社に直接請求をしてくれます。

この対応に関しては、各整骨院によって違ってくることもありますので、仮に整骨院を利用するのであれば事前確認しておく必要があります。
しっかりとした対応を望むのであれば、一般的な整骨院よりも交通事故におけるケガを専門とする整骨院を選ぶのも1つの方法です。
ただ上でも書いたように、整骨院としてもなるべく被害者の方に負担がかからないようにと配慮していることから、施術に関する料金は直接保険会社に請求することが多いようですね。

その点を鑑みると、やはり多くの保険会社と交渉をしている専門的な整骨院の方が強いと言って良いかもしれません。
ただし、保険会社との兼ね合いもありますし、整形外科にかかっていると、主治医との兼ね合いもありますので、その点もしっかりと考慮しておくべきポイントだと言えます。

日本では原則として患者さんの有利になるようにルールが決められてはいるのですが、やはり人間同士の関係が生まれてしまうと、しがらみが出てくることもあるので、そこをこじらせないようにするのも大事なことです。
だからと言って、遠慮ばかりをしていても自分の身体に負担がかかってしまうだけなので、その点はぜひ相談してもらえるとよいでしょう。

整骨院と損保会社の関係について

2015.07.14 | Category: 交通事故

整骨院と損保会社にはどんな関係があるのかを考えてみます。
基本的に整骨院と損保会社との関わりについては、自賠責保険や任意保険との支払についての話になってくるのですが、ここで少し保険の仕組みついて知っておくと良いですね。

そもそも交通事故においての損害賠償ですが、まずは事故を起こしてしまった時の責任割合によって大きく異なってきます。
この責任割合が大きな方が加害者、少ない方が被害者という形ですね。
損害賠償については物損に関してはこの責任割合において分割されることになるのですが、ケガをした場合については加害者から被害者へと支払われることになるので覚えておくと良いでしょう。

このケガの治療に関わってくるのが整骨院ですね。
一般的に自賠責保険でケガの治療をする時には、ケガの治療費そのものと通院にかかった交通費、そこに休業補償費や慰謝料などが加算されていくことになるのですが、治療が終わらなければ損保会社としては慰謝料の算定ができません。
この慰謝料の算定するためにも、損保会社としては早めに治療を終わらそうと提案してくることもあります。

一般的に整形外科ではレントゲンやMRIなどで見て問題がなければ、完治していると判断することもあります。
しかし、整骨院ではそうした判断ではなく、痛みの程度や日常生活での支障具合なども判断基準としているので、中には病院での治療よりも長くなってしまうこともあるのです。
そのため、その長引いた分については損保会社としても慰謝料などの算定ができなかったりしますので、色々と交渉が必要になることもあるので、弁護士と提携している整骨院も多いのです。

整骨院でのハリ治療はどんな手法で行ってくれるの?

2015.07.09 | Category: 交通事故

整骨院の中には針灸を行っているところもあります。 針灸というのは針による治療と、灸による治療のことですね。 どちらももともとは中国で行われていた伝統的な治療方法のことで、日本でも独自の技術が磨かれてきた分野になります。 基本的に整骨院では柔道整復師という資格を取得した人が、柔道整復術といった整復法を使って施術を行うのですが、中には針灸の施術を行っているところもあるのです。 この針灸に関しては、はり師ときゅう師の資格を取得した人が行うことになるので、基本的には別物だと考えてください。 はり師ときゅう師に関しても、別の資格となっているのですが、多くの場合は同時に取得してしまうそうです。 治療の方法としては、基本的にはどちらも同じでツボを刺激することによって、自律神経の調整を行ったり、血行を促進するなどの効果を期待することができます。 鍼治療の場合は、鍼を使ってツボを刺激することになり、灸治療の場合は灸によってツボを刺激していくのが一般的ですね。 整骨院であっても行うことに代わりはないので、ともかく興味のある人は相談してみると良いかもしれません。 副作用的なものはありませんが、体質によっては鍼を打ったところが重だるく感じる場合もありますがこれは血流改善からおこるもので翌日まで持ち越すことはほとんどありませんので心配ありません。その点もしっかりと考慮しておきましょう。 いずれにしても古い歴史を持っているもので、およそ3000年前から治療行為として行われている伝統的な施術ですね。

交通事故の慰謝料について

2015.07.06 | Category: 交通事故

交通事故における慰謝料というのは大きく分けて2つあります。
1つは入通院慰謝料というものです。
この入通院医慰謝料とは何かというと、入院や通院を行った日数分だけ慰謝料が加算されるというものになります。

この入通院慰謝料の算出に関しては、3つの方法があります。
自賠責基準の慰謝料、任意保険基準の慰謝料、弁護士基準の慰謝料の3つですね。
この3つの違いは何かというと、支払われる慰謝料の額が違ってきます。
最も安価になる順から自賠責、任意保険、弁護士となっているのですが、一般的には弁護士基準での支払はほとんどないと考えてください。
多くの場合は、自賠責基準、または任意保険基準となります。

この入通院慰謝料に関しては、どうしても揉めてしまう原因となりがちなのですが、保険会社としても前例にあわせて計算を行っているものなので、明らかにおかしいという時を除いて妥協点を探っていくことがポイントだと言えるかもしれませんね。

もう1つの慰謝料が後遺障害慰謝料です。
これはそのままの意味で、交通事故の被害によって後遺障害が残ってしまった時に支払われる慰謝料のことになります。
基本的にどの程度の後遺障害が残ってしまったのかによって、等級が決まっていてその等級に該当した場合に支払われるようになっています。
しかし、近年では後遺障害の認定が厳しくなっていることもあり、1つの等級の差で数百万円も慰謝料が変わってくることもあるので、その点はしっかりと相談した方が良いでしょう。

整骨院で扱っている機器にはどんなものがある?

2015.07.04 | Category: 未分類

整骨院では様々な機器を用いた施術を行っています。 勿論のことですが、基本となるのは手業と呼ばれる伝統的な手法によるもので、これは解りやすく言い換えるとマッサージだと考えて良いでしょう。 また、マッサージだけではなく、骨格の歪みを矯正するなど幅広いものがあり、多くの手業が存在しています。 その手業だけではなく、整骨院では治療器具を用いたものも多くあります。 その代表的なのものが低周波治療ですね。 いわゆる家庭で使う低周波マッサージ器のプロ用のものだと考えて良いでしょう。 電気治療と言ったりもしますが、電気の力によって筋肉を収縮させることによって血行不良を改善したり、筋肉のコリをほぐすことが可能です。 他にも超音波による施術も良く使われています。 超音波をあてることによって、細かい振動(音波)により筋肉、靭帯に作用し損傷部位の回復に一役買います。 また、器具を使ったものということになると針灸の治療に関しても該当します。 基本的に針灸に関してはその整骨院に鍼灸師の資格を取得した人が在籍していることが前提となりますので、すべての整骨院で行われる訳ではありません。 しかし、針灸も同時に行っている整骨院は多いので、鍼治療を行ってみたいという人は事前に確認しておくと良いでしょう。 整骨院にも各自によって特色があるので、それを忘れずに確認してみることをお勧めします。

事故での施術の際、整骨院で薬は出ますか?

2015.07.01 | Category: 未分類

整骨院に通院することで、痛み止めなどの薬を処方してくれるのと考えてしまう人もいるかもしれませんね。 先に書いておきますが、整骨院で薬の処方をしてくれることはありません。 何故なら、整骨院で働いている人は柔道整復師や鍼灸師などの国家資格は所有していても医師ではないからです。 薬の処方というのは基本的には医療行為になりますので、医師の資格を持つ人でしか行うことはできません。 ですので、整骨院としても医師の資格を取得している人が勤務しているというのであれば、薬の処方を行ってくれることがあるかもしれませんが、恐らくそういう所はないに等しいので原則としては薬の処方はないと考えてください。 ただし、薬ではなくテーピングなどであれば整骨院でも可能ですので、その点は覚えておくと良いでしょう。 痛み止めなどに関しては、完全に専門分野外となってしまうので、処方してもらうことはできないので、仮に欲しいのであれば整形外科にかかるか、市販されている痛み止めを購入する必要が出てきます。 これは法律で決められていることなので、ある意味では仕方のないことです。 医療行為というのはそれだけ責任あるものなので、整骨院では薬の処方ができません。 どうしても薬を出して欲しいのなら、上でも書いたように最初から整骨院ではなく整形外科などの病院にかかった方が良いでしょう。 整骨院での施術によって徐々に痛みを緩和することもできるでしょうが、事故での痛みを完全になくしてしまうにはそれなりの期間の施術が必要であるので、その点は充分に考慮しなくてはいけません。

当院へのアクセス

ほかぞの鍼灸接骨院

所在地〒583-0005 大阪藤井寺市惣社1-9-6
電話番号072-938-2888
駐車場
院長山田 眞