大阪府藤井寺市惣社 ほかぞの鍼灸整骨院

Blog記事一覧 > 2015 9月の記事一覧

自賠責保険について整骨院では教えてくれる?

2015.09.29 | Category: 交通事故

事故の被害者となった時には、相手の自賠責保険などを使って治療するのが一般的ですね。 この自賠責保険の限度額を超えるような治療が必要になった時には、加害者が加入している任意保険から治療費は支払われることになります。 これは病院だけではなく、整骨院であっても同じことですね。 整骨院を利用する時に、自賠責保険のことを教えてくれるのかということですが、これは事前に相談しておくと良いでしょう。 交通事故で負ったケガを治療したいからということで話をしておくと、非常にスムーズに相談しておくことができます。 最近では交通事故のケガを専門的に治療しているという整骨院あるくらいなので、まずは確認しておいてください。 基本的にはどこの整骨院であっても自賠責保険のことを相談すれば、教えてくれるはずです。 特に多くの整骨院では初回受診時には、問診を行ってくれるところがほとんどなので、その時に相談しておくと良いでしょう。 整骨院で自賠責保険を利用すると、費用請求を保険会社に行ってくれることが一般的なので、特にこちらで費用を負担することがないのも嬉しいポイントだと言えますね。 基本的に自賠責保険に関しては、自動車加入時に必ず加入しないといけない保険になりますので、加入していないというケースはほとんどないでしょう。 ちなみにですが、自賠責保険は公道を車で走る以上は必ず加入しないといけない保険で、加入していない場合は法的な罰則が生じてしまいますので、覚えておくと良いかもしれませんね。

損害賠償の話を事故現場で行わない理由

2015.09.26 | Category: 交通事故

交通事故を起こしてしまった直後というのは、誰だって冷静な精神状態ではありません。
多かれ少なかれ冷静でなくなってしまいますので、その現場では損害賠償の話をしてはいけないとされています。

基本的に損害賠償の話というのは、その交通事故についてどちらが悪かったのかといった事故責任の割合が重要なウェイトを占めてきます。
例えばですが、優先道路を直進していたところ、曲がり道から車が出てきてぶつかってしまったなどの場合、基本的には優先道路を走っていた方の責任が軽くなるのです。
しかし、この時相手の人に言いくるめられてしまって、自分の方が責任が重いとなってしまうと、事故後の処理が大変になってしまいます。

ですので、特に女性が事故を起こしてしまった時などは、相手をなめてかかってくるという悪質なドライバーも多いので、絶対に事故現場では損害賠償の話はしないというのがセオリーなのです。
事故の責任割合については過去の例から近しいものなどを出してきて、それに沿うように考えられるのが一般的なので、軽率に自分が悪かったとしないことが重要だと言えるでしょう。

交通事故を起こしてしまった時、自分が悪かったと考えてしまうのは美徳かもしれませんが、事故の状況によってはそれは大きく異なってきます。
特に停車中に追突されたりした場合、追突した方が100%悪いと判断されますので、そうした事例に関しては頭に入れておくと良いでしょう。
他にも中央線を越えてぶつかってきたというケースも相手が100%悪いと判断されるケースなので、覚えておいて損はありません。

整骨院での主な治療の流れについての紹介

2015.09.19 | Category: 交通事故

最近では街中でも多くの整骨院を見かけるようになりました。
そのせいか整骨院で治療を行うという人も増えているようですね。
しかし、整骨院には通ったことがないからどんな感じで施術をしていくのか不安だと言う人も少なくありません。
そこで整骨院での施術内容の流れをざっと解説してみます。

まず整骨院では初回施術時には必ず問診が行われます。
身体のどこにどんな症状を抱えているのか、どんなことをすれば痛みが出るのかといったようなことで症状を特定していく形ですね。
また、交通事故によってケガをした場合ですと、どんな風にぶつかって事故になったのかというような事故時の状況を聞かれることも少なくありません。

問診が終わると、実際に身体のチェックを行います。
寝台の上で柔道整復師の人が身体を触って、どこに異常が起きているのかをチェックしながら、患部の状態も確認して、最終的にどのような形で施術を行っていくのか、どんな施術内容になるのかといった説明を受けることになるでしょう。

ここまでくると後は実際に施術を受けていくだけですね。
施術内容に関しては各整骨院でも違いますし、身体のどこを治したいのかといったことでも異なってきます。
当院のように針灸にも対応しているところですと、場合によっては針灸術を行うといったこともあるので、幅広い施術内容があると考えて良いでしょう。
最近では出産後の不調を解消するのに整骨院に通うといったことをする女性もいらっしゃるようですね。
他にも内臓疾患に関しても対応する整骨院もあるので、事前に確認してみると良いでしょう。

整骨院でも診断はできる?

2015.09.14 | Category: 交通事故

交通事故によって負ったケガを治療する場合、その費用の請求は相手方の保険に対して行う訳ですが、この時に診断書が必要となることもあります。
この診断書ですが、整形外科などの医療機関であれば特に気にすることなく発行してもらうことができますが、整骨院の場合はどうなるのかと気になる人もいるかもしれませんね。
先に結論を書いてしまいますと、診断というのは医師しかできないため整骨院では捻挫、打撲、挫傷を判断した書類を発行する形になります。

一般的に保険会社などでは、整骨院が判断したものは受付できないといったケースも少なくありません。
ですので、診断書をもらうのに必ず病院などの医療機関にかかってくださいと言われることも多いです。
また、実際に保険会社からそう指示されたという人もいますよね。
通常、整骨院で捻挫、挫傷、打撲に関しての判断をして問題ありません。

しかし、問題はなかったとしてもそういう手順で進める保険会社があるのも事実なので、そこまで拘りがないというのなら医療機関にて診断書を発行してもらうのも1つの手段ですね。
一度、整形外科などに通ったからと言って、途中から整骨院での治療に切り替えたとしても、保険の支払はきちんと継続されますので、どうしても整骨院での治療を受けたいという人はそうした方法があることも覚えておきましょう。

交通事故によるトラブルに関しては、色々と複雑なことも多く、保険会社とのやり取りにしても精神的な負担になってしまうことが少なくありません。
そうした時に少しでもスムーズに保険金を受け取れるにはどうすれば良いのかを考えておくことをお勧めしておきます。

損害賠償の話を事故現場で行わない理由

2015.09.07 | Category: 交通事故

交通事故を起こしてしまった直後というのは、誰だって冷静な精神状態ではありません。
多かれ少なかれ冷静でなくなってしまいますので、その現場では損害賠償の話をしてはいけないとされています。

基本的に損害賠償の話というのは、その交通事故についてどちらが悪かったのかといった事故責任の割合が重要なウェイトを占めてきます。
例えばですが、優先道路を直進していたところ、曲がり道から車が出てきてぶつかってしまったなどの場合、基本的には優先道路を走っていた方の責任が軽くなるのです。
しかし、この時相手の人に言いくるめられてしまって、自分の方が責任が重いとなってしまうと、事故後の処理が大変になってしまいます。

ですので、特に女性が事故を起こしてしまった時などは、相手をなめてかかってくるという悪質なドライバーも多いので、絶対に事故現場では損害賠償の話はしないというのがセオリーなのです。
事故の責任割合については過去の例から近しいものなどを出してきて、それに沿うように考えられるのが一般的なので、軽率に自分が悪かったとしないことが重要だと言えるでしょう。

交通事故を起こしてしまった時、自分が悪かったと考えてしまうのは美徳かもしれませんが、事故の状況によってはそれは大きく異なってきます。
特に停車中に追突されたりした場合、追突した方が100%悪いと判断されますので、そうした事例に関しては頭に入れておくと良いでしょう。
他にも中央線を越えてぶつかってきたというケースも相手が100%悪いと判断されるケースなので、覚えておいて損はありません。

加害者と被害者では整骨院に通う際に何か違う面はある?

2015.09.06 | Category: 交通事故

整骨院にて、交通事故のケガを治療する人が増えています。 こうしたケガの治療ですが、加害者の場合と被害者の場合では通院する際に何か違う面があるのかを考えてみます。 加害者の人が整骨院で施術を受けるというケースですが、これは端的に書いてしまいますと、交通事故関係なく整骨院に通うのと変わりはありません。 通院時には問診などを受けて、治療方針を決めた後に実際の施術が行われるようになるのですが、施術後には治療費を支払います。(例外もあります。) 対して、被害者として整骨院を利用するのであれば、少し話は違ってきます。 ただ行うことは同様で、問診後に施術方針と施術が行われるのは同じなのですが、その治療費を支払う必要はありません。 治療費に関しては、すべて相手が加入している保険会社へと請求されることになるので、支払わなくても良いのです。 一般的には一時的に被害者側が立て替えておくといった形になることが多いのですが、整骨院では保険会社に直接請求してくれることがほとんだとだと言えるでしょう。 また、この時に通院するための交通費などがあれば、それも別途請求することが可能です。 ただし、タクシーに関しては微妙なところかもしれませんので、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。 被害者と加害者のくびきとしては、事故の責任割合がどちらの方が大きいかで判断されます。 責任割合の大きい方が加害者、少ない方が被害者となりますので、この点は覚えておくようにしてください。

交通事故の際の保険会社に連絡する際の手続きの方法

2015.09.01 | Category: 交通事故

交通事故に巻き込まれてしまったという時には、保険会社に連絡する必要が出てきます。
そこで交通事故にあった時の流れを簡単に書いておきますので、参考にして下さい。

まずは事故の現場ですが、ここではすぐに怪我人がいないかを確認して、いた場合は救護するようにしてください。
そして、直ぐにでも警察へ連絡するようにしましょう。
警察へ連絡をするのは事故証明をもらうためですね。
事故証明がなければ、損保会社としても動くことができませんので、まずは警察へと連絡をしましょう。

警察に連絡をした後は保険会社へと連絡をしてください。
その後、相手の連絡先を聞いたり、免許証を確認させてもらうなどして、事故の対応について話し合いを行っていくことになります。
基本的に保険会社に連絡をすることで、担当者がきてくれることになるので、その点は安心しておいて良いでしょう。

お互いに保険に加入しているような事故ですと、後の流れは保険会社の担当者から話がいくはずです。
基本的には担当者に任せっぱなしでも大丈夫です。
しかし、相手とのトラブルに陥ってしまうこともあるので、最初の動きだけは忘れずに行うようにしましょう。

保険会社に実際の請求をする時には、こちらの保険会社が動いてくれることがほとんどですが、自己責任がないような事故では自分で交渉しなくてはいけなくなってしまいます。
そんな時には最初から弁護士などの専門家を入れて話し合いをするのも1つの方法ですね。

当院へのアクセス

ほかぞの鍼灸接骨院

所在地〒583-0005 大阪藤井寺市惣社1-9-6
電話番号072-938-2888
駐車場
院長山田 眞