大阪府藤井寺市惣社 ほかぞの鍼灸整骨院

Blog記事一覧 > 2015 10月の記事一覧

交通事故で不正な請求が発覚したらどうなる?

2015.10.27 | Category: 未分類

交通事故においてケガを負った場合は、自賠責保険や任意保険の範囲において補償を受けることができます。
そもそも自賠責保険は被害者の救済のために行われるもので、基本的には自賠責保険の範囲を超えた分については、任意保険における対人賠償保険によって補償されることになります。

一般的にこの補償については、事故によって負ったケガそのものの治療費は当然のことですが、通院にかかる交通費などに関しても請求の対象となっているので覚えておくと良いでしょう。
また、治療にかかった日数については休業損害などを受けることもできるので、意外と多くのお金が動くことも少なくありません。
ですので、中には不正な請求を行うという人も少なくないようですね。

この不正請求が発覚したらどうなるのかという話ですが、基本的に保険会社としても支払が行われる前にきちんと請求が正しいものかどうかを判断することになるので、何でもかんでも請求が通るということはないようです。
特に近年ではこうした自賠責保険を使った不正請求が増えているといったことから、そのチェック体制はかなり念入りになっていると考えて良いでしょう。

基本的に不正請求であるとなった時には、勿論請求通りのお金が支払われることはありません。
適正な審査を行った上で、実際に行った治療にあったお金が支払われることになるので覚えておきましょう。
また、実際に補償を受けた後で不正請求と解ったというような時には、多く支払われた分については、返還請求を受けることになりますし、悪質な時には警察案件となることもあるので不正請求には気をつけてください。

よくある交通事故のトラブル

2015.10.20 | Category: 交通事故

交通事故を起こしてしまった時には、なにもスムーズに示談交渉が進むばかりではありません。 勿論のこと、お互いが納得いくようにスムーズに示談交渉ができれば良いのですが、相手によってはトラブルに発展してしまうことも少なくありません。 ここでは代表的な交通事故のトラブルを考えてみます。 まず最も多いトラブルで示談交渉が進んでいかないというものですね。 相手が保険会社と契約していたとしても、その保険会社に連絡を入れてくれなければ実際には示談交渉が進んでいきません。 そうなると車を修理するにせよ、治療するにせよ、そのまま話が進んでいかないこともあるので、大きなトラブルに発展することもあります。 中には、任意保険に加入しておらず、保険会社ではなく事故を起こした本人が交渉するといったケースもあるようですが、この時にも示談交渉が進まずにトラブルになることも少なくありません。 他にも多いのが示談交渉をまとめたものの、相手がきちんとその補償を行わないといったケースもあります。 これは保険に加入している時には少ないことなのですが、相手が保険未加入ですと示談交渉での結果を無視してしまうこともあるのです。 こうした時には公正証書を作成するなどで防ぐことができるのですが、示談書を公正証書にしていない時には裁判を行って強制執行を行わないといけなくなってしまいます。 他にも、任意保険に加入していない相手の場合ですと、相手に賠償金の支払い能力がないといったことも考えられます。 支払うだけのお金がないことから、賠償金がいつまで立っても支払われないことがトラブルの原因となるのです。

整骨院に通う時、症状が軽くても通えるのか?

2015.10.13 | Category: 交通事故

交通事故の被害者で今のところ自覚症状が軽いけれど、整骨院に通っても良いのだろうかと悩んでいる人もいるかもしれませんね。 交通事故によるケガで最も多いのがむち打ち症です。 むち打ち症はとても個人差が大きく出る疾患の1つであり、その症状がいつ発症するのかもまったくわかりません。 事故を起こした翌日には発症するといったケースもあれば、半年ほど経過してからいきなり症状に襲われるといったこともあるくらいです。 こうしたケースでは仮にレントゲンを撮影していたとしても、一見すると問題ないといったケースが多く、身体の構造的にはおかしな点はないのに違和感だけがあるという人も少なくないようですね。 そうした時に、整形外科だけではなく整骨院に通うというのも1つの手段です。 東洋医学と西洋医学といった1つの症状に対するアプローチの違い、視点の違いによって、違和感の正体に気づくことができるかもしれないからだと言えますね。 ここで最初の問題に戻りますが、症状の大小にかかわらず整骨院に通うことは可能です。 整骨院では身体の部分を見るのではなく、身体全体を見て診断をしていくことになりますので、一見するとまったく関係ない部位を傷めることが他の症状を引き起こす原因となることもあり、そうした見方から症状を出さずに潜んでいるむち打ち症を施術することもできます。 但し事故で通院する場合最近では医師の診断を求められる場合が多いので少しでも気になるところや違和感があるなどでもきちんと診断してもらっておいた方が良いでしょう。 また、整骨院でも実際に施術を行う前には入念な問診を行う所が多く、その時の問診から施術内容も決まってきますので、まずは一度相談してみると良いでしょう。

整骨院で行われる干渉波、低周波の仕組みと 効果

2015.10.08 | Category: 未分類

整骨院では手業による施術だけではなく、機器を使った施術を行っているところも少なくありません。
中でも代表的なものが干渉波と低周波を使ったものですね。
ここではその干渉波と低周波の仕組みについて考えてみます。

そもそも干渉波というのは電気治療のことで、いわば低周波と同じモノだと考えて良いでしょう。
ただし、干渉波の場合は低周波と違って、周波数が比較的に高めの中周波の領域を使ったものになるのがポイントですね。
また、単純に電気を流すといった形での治療になるのではなく、異なる中周波の電流を交差させることによって発生する干渉波を利用するのが大きな違いになります。

干渉波を利用することによって、得られる効果は痛みを緩和することと、低周波よりも広範囲の筋肉を動かすことです。
特に慢性的な肩こりなど、人の手ではなかなか動かすことができなくなってしまった筋肉を動かすことによって、コリをほぐすことができたり、手業を行いやすくするために行われると考えて良いでしょう。
短期間で効果が期待できるというのも大きく、整骨院でもメジャーな施術の1つだと言えます。

低周波の場合は、上でも触れた通りに電気治療の1つなのですが、こちらは干渉波とは違って、比較的に低い周波数の領域を使います。
基本的に皮膚の表層部分に電気を流すことによって、筋肉を動かしたりすることに用いられることから、家庭用のマッサージ器としての利用が目立っています。
ただし、あくまでも皮膚の表層面だけしか刺激ができないので、深い部分にコリがある時などには、あまり効果を期待することはできません。

交通事故で整骨院に通う際、どんな症状が適応されますか?

2015.10.05 | Category: 交通事故

整骨院に通院するとしても、どんな症状が適応するのか解らないという人も多いですよね。 一般的なイメージとしては、捻挫をした時などに通うところといったものがあるかもしれませんね。 捻挫に関しては勿論のこと、身体の各所に痛みを感じている時、違和感がある時などは整骨院での適応範囲になると考えてください。 ただし、病院のように何らかの疾患が関わっているようなケースでは、あまり意味がないかもしれません。 やはり基本的には打ち身、捻挫、むち打ち症などのような症状に対応していると考えておくと良いでしょう。 他にも具体的には寝違いを起こしてしまって首がうまく回らなくなってしまった、ぎっくり腰などの腰痛を抱えている人、スポーツや格闘技をしている時に負ったケガなどのことがあります。 自分では判断がつかない場合は、ともかく一度連絡をしてみると良いでしょう。 整骨院と言っても初回時には問診を行うことがほとんどです。 どんな症状があるのか、どんな痛みが出ているのか、といったようなことを細かに聞いて、実際に身体の調子を見て、それで施術方針を決めていくことになります。 ですので、自分では判断がつかなかったとしても、きちんと相談をすることができますので、まずは連絡を入れておくと良いでしょう。 整骨院での施術は病院で行われるものとはまた違ったアプローチとなることから、施術によってはかなりの効果を期待することもできます。 短時間で高い効果を望むのは難しいかもしれませんが、長期的にはなかなか取り除けなかった痛みを取り除けたりもするようですね。

当院へのアクセス

ほかぞの鍼灸接骨院

所在地〒583-0005 大阪藤井寺市惣社1-9-6
電話番号072-938-2888
駐車場
院長山田 眞