大阪府藤井寺市惣社 ほかぞの鍼灸整骨院

Blog記事一覧 > 交通事故の記事一覧

事故治療で病院と整骨院の併用は可能?

2015.12.17 | Category: 交通事故

交通事故で負った怪我をした時、どこで治療をするのか知っておくと、いざという時に役立ってくれます。
一般的に交通事故の怪我を治療する場合、相手の保険で料金を支払うことになるので、病院でないとダメじゃないのと思っている人も少なくありません。
また、一度ここと決めた病院しか治療費を支払ってもらえないと思っている人も沢山いるようです。
しかし、実際にはそうしたことはありません。

事故治療に関しても通常の場合と同様に他の病院に転院をすることもできますし、別の病院にかかるということも可能です。
また、病院だけではなく整骨院という選択肢もあるので覚えておくと良いでしょう。
整骨院の場合も同様に病院と並行して通うことができるのです。
ただ併用すると言っても、同日に治療を受けるのはできないのですが、日にちをずらせば何の問題もありません。

交通事故治療では目に見える外傷を負うだけではなく、身体の奥深くにダメージを負ってしまうこともあります。
こうしたダメージというのは、すぐに改善というのはなかなか難しいのです。
そこで整骨院を利用して、少しずつ改善させていこうという人も多く、病院と併用しての治療を行う人も少なくありません。
最近では整骨院でも交通事故の治療を積極的に行っているところが増えていますので、仮に事故治療が必要になればどんどん利用していくと良いでしょう。
ちなみにですが、整形外科などではレントゲンやMRIなどで精密な検査を行ってもらい、整骨院ではその検査を元にしてバランス調整をしていくというのが、よりよい治療方法だと言われています。

事故治療で整骨院ができること。

2015.12.11 | Category: 交通事故

交通事故で負ってしまった怪我の治療に整骨院を利用する人も少なくありません。
交通事故が原因となって起こる怪我というのは様々です。
一般的に入院が必要な大きなケガは病院で治療をすることになるのですが、病院では治療しにくい類の怪我があるのも事実なのです。

最も代表的な例がむち打ち症でしょう。
病院ではレントゲンなどを使って損傷を受けている部位を特定し、その損傷を治療していくことが主になります。
しかし、むち打ち症の場合は原因である損傷がレントゲンに映らないというケースもあり、そうした場合は病院で対処することが難しいのです。
そこで利用されるのが整骨院という形になります。

整骨院での治療は手業と呼ばれるものが一般的です。
整骨院での施術ができるのは柔道整復師という国家資格を取得した人になり、一部の怪我については医療行為を行うこともできると法律で規定されています。
むち打ち症や打撲、捻挫などがその対象となっているのですが、他にも腰痛であったり、手足のしびれや痛み、などに対しても対応してくれるので覚えておくと良いでしょう。
後遺症と呼ばれる障害が起こってしまった時、その痛みを緩和されたり、根本的に治療をしていく、というのが整骨院の役割でもあるのです。

近年では交通事故の怪我に対応している整骨院も増えており、弁護士事務所と提携をして事故処理のアドバイスを行う整骨院もあるほどです。
ここで1つ心配になるのが、整骨院の治療費も自賠責保険で支払ってもらえるのかという話ですよね。
整骨院での治療はきちんと認められたものですので、自賠責保険の適用を受けることができます。

交通弱者とは?

2015.12.05 | Category: 交通事故

交通弱者という言葉があります。
一般的には交通事故を起こした時に聞くことが多い言葉ではあるのですが、まちづくりや福祉の世界でも用いられている言葉です。
大きく分けると、交通弱者には2通りの意味が考えられます。
1つは移動制約者という意味で、簡単に書いてしまうと運転免許を取得できない人、自家用車を持てない人のことを指すそうです。
具体的には高齢者や未成年者、障害者や低所得者の方を意味します。

もう1つの意味としては交通事故にあいやすい人のことを指します。
これは主に交通事故の観点から見た場合に使われる意味で、一般的に子どもや高齢者などのことです。
道路を交通している時、歩行しているか、自動車やバイクに乗っているかによって大きく扱いが異なります。
交通弱者である歩行者に対して、自動車やバイクは交通強者とも言われており、これは事故が起こった時に、どちらが加害者となり被害者となるのかで決まると考えてください。
仮に自動車と歩行者が交通事故を起こしてしまった場合、自動車が交通強者であるので弱者となる歩行者は被害者という形になるのです。
歩行者側が赤信号なのに道路を横断しようとしていたなどのケースでも、自動車側が加害者として考えられるので忘れないようにしてください。

こうした考えから基本的に自動車を運転する人は交通弱者である歩行者に配慮をした運転をしなくてはいけません。
免許を取得している人であれば教習所で習った覚えがある人も多いでしょう。
歩行者や自転車に乗っている人がいれば、幅寄せであったり、横断を邪魔してはいけないというルールです。

むち打ちとはどの様にしておこる?

2015.11.30 | Category: 交通事故

交通事故で負ってしまう怪我の中でも、最も多いと言われるのがむち打ち症です。
しかし、むち打ち症と言っても首の怪我程度にしかご存じない人も多いでしょう。
ここではむち打ち症について、もう少し詳しく解説してみます。

むち打ち症とは正式には外傷性頚部症候群もしくは頚椎捻挫と呼ぶそうです。
つまり、首の怪我という認識で間違いはありません。
では、どうしてむち打ち症になるのかと言うと、これは事故を起こした時の衝撃によるものだと考えてください。
交通事故を起こした場合、自分が自動車に乗っているとすると、少なくない衝撃がきます。
この時、仮に後ろから衝突されたとすると、後ろから衝撃がきて身体は前に押し出されるような形になりますよね。
しかし、シートベルトをしていると身体は前にいかず、首だけが前にいってしまい、結果的にS字を描くように動いてしまうのです。
これがむち打ち症と呼ばれる原因です。

人間の頭部はかなりの重さがあり、それを支える首の骨は細いと言って良いでしょう。
そこに交通事故などで大きな衝撃を起こしてしまうと、むち打ち症のような症状を起こしやすくなってしまうのです。
むち打ち症の症状ですが、事故を起こしてすぐに出ることもあれば、事故後いくらか時間が経過してから発症することもあり、個人差がとても大きいのが特徴でしょう。
一般的な外科などではレントゲンをとることになるのですが、レントゲンでは異常がなくても症状が起こることもあるようです。
ですので、むち打ち症の症状を改善させるために整骨院で治療する人も少なくありません。

任意保険とは。

2015.11.25 | Category: 交通事故

任意保険とは自動車保険の1つです。 自動車保険は自賠責保険と任意保険の2つがあるのですが、任意保険は加入するのが任意であることから、そう呼ばれています。 ちなみに、ご存じの方も多いでしょうが、自賠責保険の方は任意保険と違って、加入が義務付けられているので覚えておきましょう。 基本的に任意保険の役割は自賠責保険で賄えない補償についての保険となります。 自賠責保険は人身事故を起こした時に、被害者の方のために使うものです。 つまり、自損事故であったり、事故があった時に自分への補償というものがありません。 そこで出番となるのが任意保険です。 良くお金がないから任意保険には加入しないという人がいるのですが、実はお金がない人ほど加入しておいた方が良い保険とも言われています。 近年では自動車事故における賠償金の額も上がってきており、自賠責保険だけでは賄えないケースが増えてきました。 この場合、任意保険に加入していなければ、自賠責保険の補償額以上は自腹で支払わないといけなくなってしまうのです。 また、自賠責保険にはない自分への補償など様々な補償をつけることができるので、任意保険には加入しておいた方が良いでしょう。 また、任意保険に加入しておくことで、多くのサービスを受けられることも重要です。 保険の自由化が行われて以降、各社ともに様々なサービスをしており、代表的なあのがロードサービスになります。 交通事故の治療に関しても、任意保険に加入しているのとしていないのでは大きく違っており、仮に自分が相手の保険で治療をするにしても、その限度額が違ってくることは覚えておくべきでしょう。

自賠責保険とは。

2015.11.21 | Category: 交通事故

自賠責保険とは自動車保険の1つです。
自動車保険には自賠責保険と任意保険の2つがありますが、法律で加入が定められているのが自賠責保険となります。

自動車を購入した時には強制的に加入させられることから、強制保険という呼び方をされることもあるので覚えておくと良いでしょう。
自賠責保険は加入と携帯が義務付けられており、公道を走らせる時には必ず車に載せて置かなければいけないので覚えておいてください。
更新などについても同様のことが言えるので、自動車に乗る限りは切らさないようにしなくてはいけません。

基本的に保険と言うと、万が一のことがあった時に対する自分のための備えだと言えるのですが、自賠責保険に関しては少し趣を異にしています。
何故なら自賠責保険とは自分自身のためにある保険ではないからです。
事故を起こしてしまった相手のために、最低限の補償ができるようにというのが、自賠責保険の趣旨となります。
つまり、事故を起こしたとしても、人身事故の賠償にしか使うことができない保険となるのです。
物損事故や自損事故を起こした時には、自賠責保険では対応することができません。
ちなみにですが、相手の補償のみに使うことになるので、自分の怪我をしたという時には、相手の自賠責保険と対人賠償保険を利用してください。

自賠責保険には保証範囲の限度がありますので、それを越えた分については任意保険における対人賠償保険が使用されることになるのです。
事故後の治療に整骨院を利用するという人も多いでしょうが、この場合でも最初は自賠責保険の範囲から支払われるのが基本となります。

事故に遭った時は必ず警察連絡しなければならない?

2015.11.12 | Category: 交通事故

交通事故にあった時には必ず警察に連絡しないといけないと言われています。 しかし、事故を起こした相手にもよるのですが、まれに警察には連絡しないで示談にして欲しいと言われることがあるそうです。 そうした場合に、警察に連絡しなくても良いかなと思ってしまう人もいるでしょう。 ですが、その判断はちょっと待ってください。 警察には必ず連絡しないといけない理由があるのです。 基本的に交通事故を起こした場合、警察に連絡する義務というのが存在します。 ですので、連絡しないという選択肢そのものがないと考えてください。 当事者間で金銭を多くに支払うから、連絡しないでいうとケースもあるでしょう。 しかし、その場合でも連絡しないといけないのです。 もう1つ、覚えておかないといけないのが交通事故証明になります。 交通事故証明とは警察が発行するものであり、確かに事故がありましたという証明書のことです。 この交通事故証明のなにが大切なのかと言うと、保険金を請求する時に必ず必要になるからです。 逆を言うと、当事者間で話をつけてしまって警察に連絡をしなかった場合、交通事故証明を発行してもらえませんので、保険金の請求ができません。 特に重要なのが、事故後すぐのタイミングで発症しない後遺症が出たケースでしょう。 交通事故を起こした時に最も多く発症する怪我がむち打ち症です。 このむち打ち症なのですが、事故後すぐに発症するとは限りません。 すぐに症状が出ることもあるのですが、事故後6ヶ月ほど経過しないと症状が出ないケースもあるのです。 この場合、相手の保険会社に保険金を請求するにしても、届け出をしていないと交通事故を発行してもらえません。 因みにむち打ち症の場合、整骨院での施術で改善できる可能性が高いです。

たくさんある中で良い整骨院を選ぶ時のポイント

2015.11.05 | Category: 交通事故

昨今では整骨院はたくさん見かけますので、どこの整骨院に行けば良いのか解らないと言う人も少なくありません。
せっかく整骨院に通うのであれば、やはり良い整骨院を選びたいというのが多くの人の意見でしょうから、ここでは選ぶ時のポイントを幾つか紹介していきます。

まず整骨院選びのポイントですが、ともかく口コミ評判が良いところを探すようにしてください。
なんと言っても、やはり口コミというのは大きな力を持っていますので、あの整骨院の先生は良いという評判があれば安心できます。
その時に、整骨院内の雰囲気などもしっかりと確認するようにしてください。
良く解らないと言う人はともかくインターネットの口コミサイトを利用してみるのもお勧めの方法です。

また、整骨院選びをする時には口コミだけではなく、実際のスタッフ対応なども見ておく必要があります。
良い整骨院というのはスタッフの教育も行き届いているものなので、実際に足を運ばなくても事前に電話をして確認してみるのもお勧めですね。
電話をした時のスタッフの対応が良し悪しというのも大きな判断基準だと言えるでしょう。

最後のポイントですが、これは初回受診時の問診で判断しましょう。
多くの整骨院では初回受診した時には、問診が行われるのですが、この時に的確な質問をしているのか、自分が申告した症状について具体的な施術内容を提案してくれたか、などのことを考えてください。
対応がおざなりであったり、きちんと施術内容や施術方針を説明してくれないという場合は、良い整骨院ではないかもしれません。

よくある交通事故のトラブル

2015.10.20 | Category: 交通事故

交通事故を起こしてしまった時には、なにもスムーズに示談交渉が進むばかりではありません。 勿論のこと、お互いが納得いくようにスムーズに示談交渉ができれば良いのですが、相手によってはトラブルに発展してしまうことも少なくありません。 ここでは代表的な交通事故のトラブルを考えてみます。 まず最も多いトラブルで示談交渉が進んでいかないというものですね。 相手が保険会社と契約していたとしても、その保険会社に連絡を入れてくれなければ実際には示談交渉が進んでいきません。 そうなると車を修理するにせよ、治療するにせよ、そのまま話が進んでいかないこともあるので、大きなトラブルに発展することもあります。 中には、任意保険に加入しておらず、保険会社ではなく事故を起こした本人が交渉するといったケースもあるようですが、この時にも示談交渉が進まずにトラブルになることも少なくありません。 他にも多いのが示談交渉をまとめたものの、相手がきちんとその補償を行わないといったケースもあります。 これは保険に加入している時には少ないことなのですが、相手が保険未加入ですと示談交渉での結果を無視してしまうこともあるのです。 こうした時には公正証書を作成するなどで防ぐことができるのですが、示談書を公正証書にしていない時には裁判を行って強制執行を行わないといけなくなってしまいます。 他にも、任意保険に加入していない相手の場合ですと、相手に賠償金の支払い能力がないといったことも考えられます。 支払うだけのお金がないことから、賠償金がいつまで立っても支払われないことがトラブルの原因となるのです。

整骨院に通う時、症状が軽くても通えるのか?

2015.10.13 | Category: 交通事故

交通事故の被害者で今のところ自覚症状が軽いけれど、整骨院に通っても良いのだろうかと悩んでいる人もいるかもしれませんね。 交通事故によるケガで最も多いのがむち打ち症です。 むち打ち症はとても個人差が大きく出る疾患の1つであり、その症状がいつ発症するのかもまったくわかりません。 事故を起こした翌日には発症するといったケースもあれば、半年ほど経過してからいきなり症状に襲われるといったこともあるくらいです。 こうしたケースでは仮にレントゲンを撮影していたとしても、一見すると問題ないといったケースが多く、身体の構造的にはおかしな点はないのに違和感だけがあるという人も少なくないようですね。 そうした時に、整形外科だけではなく整骨院に通うというのも1つの手段です。 東洋医学と西洋医学といった1つの症状に対するアプローチの違い、視点の違いによって、違和感の正体に気づくことができるかもしれないからだと言えますね。 ここで最初の問題に戻りますが、症状の大小にかかわらず整骨院に通うことは可能です。 整骨院では身体の部分を見るのではなく、身体全体を見て診断をしていくことになりますので、一見するとまったく関係ない部位を傷めることが他の症状を引き起こす原因となることもあり、そうした見方から症状を出さずに潜んでいるむち打ち症を施術することもできます。 但し事故で通院する場合最近では医師の診断を求められる場合が多いので少しでも気になるところや違和感があるなどでもきちんと診断してもらっておいた方が良いでしょう。 また、整骨院でも実際に施術を行う前には入念な問診を行う所が多く、その時の問診から施術内容も決まってきますので、まずは一度相談してみると良いでしょう。

当院へのアクセス

ほかぞの鍼灸接骨院

所在地〒583-0005 大阪藤井寺市惣社1-9-6
電話番号072-938-2888
駐車場
院長山田 眞